ige抗体値 下げる

アレルギーを判断する指標のige

3000などの異常に高いigeは問題がある?

非特異的igeはスギ・ハウスダスト・ダニなどの個別のアレルギーを指すものではなく身体全体のアレルギーを指すものです。
非特異的igeの値は7歳以上の年齢で170IU/ML以下が正常値です。

 

この非特異的igeが3000などの異常値を示すことがあるのですが、非特異的igeが異常値を示した場合に問題がないかについて説明します。

 

170以下が正常であるのに一桁違う値が出ればかなり心配になるはずです。

 

非特異的igeとは全体的なアレルギーの起こり易さを示したものです。
血圧や血糖値が高いというのとは少し違います。

 

非特異的igeが高いからといって必ずしも異常がでるわけではありません。
アトピーの患者は非特異的igeは概ね高いのですが、中には低い患者もいます。
あくまでも1つの目安ということになります。

 

igeが高いと疑われる病気もあるので他の検査をしたほうがいい場合もあります。

 

特異的IgEの種類

特異的IgEの種類にはどのようなものがあるか、代表的なものをいくつかあげます。
どのようなアレルギーかわかることで対策をすることも可能です。

 

室内塵
  • ハウスダスト1
  • ハウスダスト2
  • ヤケヒョウヒダニ
  • コナヒョウヒダニ
  • アシブトコナダニ
  • サヤアシニクダニ
  • ケナガコナダニ

 

樹木花粉
  • スギ
  • ヒノキ
  • ビャクシン
  • ハンノキ
  • カバ
  • コナラ

 

イネ科植物花粉
  • カモガヤ
  • オオアワガエリ
  • ハルガヤ
  • ギョウギシバ
  • オオスズメノテッポウ
  • セイバンモロコシ
  • ホソムギ

 

動物
  • ネコ
  • イヌ
  • モルモット
  • ハムスター
  • マウス
  • セキセイインコ(羽毛)

 

昆虫
  • ゴキブリ
  • ユスリカ(成虫)
  • アシナガバチ
  • ミツバチ

 

アレルギーを評価するスコアとは

アレルギーか否かは、測定する値を6段階に分けて評価をして段階が高いほどアレルギーも高いということになります。
ige抗体値がいくらであるかによって陽性か陰性か決まります。

 

特異的lgE抗体価による判定

IgE抗体価(UA/mL) スコア  判定
0.35〜<0.7 1 疑陽性
0.7〜<3.5 2 陽性
3.5〜<17.5 3 陽性
17.5〜<50 4 陽性
50〜<100 5 陽性
100以上 6 陽性

 

スコア2以上が陽性になります。
例えば、スギのスコアが「3」とかであれば花粉症の症状がでます。

 

アレルギー別の対策

アレルギー別の対策について書いてみます。
対策をするためには、自分がどのアレルギーであるか知らないといけないので特異的IgEのどの項目の値が高いか知っておくことは重要です。

 

ハウスダストの対策

ダニの対策

 

かゆみ、かぶれの対策

洗剤に注意をするといいでしょう。
強力な合成洗剤や漂白剤はかゆみを生む原因となります。
綺麗になるので使ってしまいますが、皮膚にはよくありません。
洗濯石?を使うことでかゆみは減らすことができます。
ボディソープも肌にはよくないので普通の石?を使うようにしましょう。

 

igeを下げる食品

igeを下げるには食べ物を工夫することで下がることが期待できるものがあります。
また、同様にigeを上げてしまうものもありますので、下げることが期待できる食べ物を食べて上げる可能性があるものを食べないことでアレルギーの改善が期待できます。

 

アレルギーを促進する食べ物

 

アレルギーを抑制する食べ物

 

アレルギーを抑制する成分を効果的に摂取する方法

食事では摂取しにくい食べ物を効果的に摂取する方法としてはやはりサプリメントがあります。
食事に注意をした上でサプリメントを摂取することで効果的に必要な成分が期待できます。
おすすめのサプリメントを紹介します。

 

善玉菌のチカラ

善玉菌のチカラはカスピ海ヨーグルトに含まれている健康効果抜群のクレモリス菌FC株という乳酸菌を1粒で20億個も含んでいます。
カスピ海ヨーグルトは健康効果が高いと評判が高くige抗体値を下げる期待ができます。
>>善玉菌のチカラの詳細はこちら<<

 

乳酸菌革命

>>乳酸菌革命の詳細<<