アレルギー検査 IGE

アレルギー検査のIGEとは

 

特異的IgEと非特異的IgE

子供が血液検査のアレルギー検査を行って異常値と言われれば心配です。

 

まずは、IGEというものがどんなものなのかの説明を行います。
IGEとは、血液検査でアレルギーの強さを数値化して現すものです。

 

食物アレルギーや花粉・アトピーなどの個別のアレルギーに対するものを特異的IgEといい、全体的なアレルギーに対するものを非特異的IgEといったりもします。

 

アトピーを疑うのであれば、アトピーの特異的IgEの検査をしないといけません。

 

医師からIGEの値が高いと言われた場合は、非特異的IgEの値が高いということです。

 

IgEの基準値

 

IgEの基準値は、年齢によって変わってきます。

 

生まれてすぐはIgEはほとんどないので基準値も低くなっています。

 

年齢   総IgE(IU/ML)

  • 1歳未満 20以下
  • 1〜3歳 30以下
  • 4〜6歳 110以下
  • 7歳以上 170以下

 

アレルギー検査のIGEの高いとどうなる?

 

IgEの値が高いとどうなるかについて書いてみます。
IgEの値が高くても必ずしもアレルギーの症状が強いということではありません。

 

逆もあります。アトピーだけどアレルギー検査をしてみるとIgE値は基準値よりも低いということです。
これは、検査で検出できなかったということです。

 

IgE抗体値というのは、どのように考えるかというと身体にアレルギーが起こりやすいかどうかの目安として考えます。

 

症状がなくてもIgE値が高いということは、アレルギーになる可能性があるので下げたいものです。

 

IgE抗体値を下げるためには

 

アレルギーの症状が出てなくてもIgEの値が高いと気になるので何とかして下げたいものです。

 

まず、思いつくのが食べ物です。
アレルギーを抑制する働きがあるのが、DHAとEPAです。

 

このDHAとEPAというのは主に青魚に含まれている成分で血液をサラサラにするとも言われています。

 

ブリ・サバ・マグロなどの青魚を毎日しっかりと食べましょうということです。

 

しかし、子供はなかなか魚を食べてくれません。
マグロの刺身ならなんとか食べてくれますが、さすがに毎日マグロの刺身というわけにはいきません。

 

DHAとEPA以外にアレルギーを抑制するものとしてはαリノレン酸です。残念ながら、αリノレン酸も青魚に多く含まれています。

 

他にαリノレン酸が含まれている食べ物としてはほうれんそうがあります。

 

ほうれんそうも子供はあまり食べてくれませんね。

 

お手軽にアレルギーを抑制する食べ物とは

 

実は、お手軽にアレルギーを抑制する食べ物があります。
カスピ海ヨーグルトという食べ物です。

 

このカスピ海ヨーグルトは、健康効果抜群と言われているヨーグルトでいろいろな効果があります。

 

健康効果の1つがアレルギーの抑制効果です。

 

カスピ海ヨーグルトには、クレモリス菌FC株という菌が含まれておりクレモリス菌FC株がアレルギーを抑制する働きをします。

 

ヨーグルトなら子供もよろこんで食べるでしょう。

 

スピ海ヨーグルト種菌

 

>>カスピ海ヨーグルトはこちら<<

 

カスピ海ヨーグルトは簡単に作ることができますが、少し管理を怠ると菌をダメにしたりします。

 

ですのでもう少しカスピ海ヨーグルトを手軽に摂取したいと思うかもしれません。

 

そういう場合に、もう少しお手軽にカスピ海ヨーグルトを摂取する方法があります。

 

それは、「善玉菌のチカラ」というサプリメントを摂取することです。

 

善玉菌のチカラは、カプセル1つにクレモリス菌FC株を20億個も凝縮しています。

 

カスピ海ヨーグルトの効果を簡単に摂れるサプリメントです。

 

善玉菌のチカラ

 

>>善玉菌のチカラの詳細<<